瞳がきらきらしたOLのルミさんはアニリングスがお好き

アナルにちょっとだけ唇が触れたが、気のせいだろうと思った

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
26歳 OL群馬 伊勢崎市yyc 2017年8月14日

その26歳のOLさんは好感度抜群の女性だった。明るく溌剌としていて、瞳がきらきらして可愛らしい。競争率が高い出会い系美人市場で彼女をゲットできた俺は相当ラッキーと言わざるを得ない。

「君を大事にする。君のために生きる」

そう宣言した。

出会って間もない頃のデートは、せいぜい手をつないだり腕を組んだりする程度でセックスの予感など少しもしなかったが、腕を組んで柔らかな胸が腕に触れたとき、一気に欲情し、ホテルに連れ込んだ。彼女はとくに抵抗しなかった。

「フェラして」

俺の求めに応じて、彼女が俺の竿を愛し始める。

セックスの予感が何もなかった二人だったが、しょせんは男と女。ちょっとしたきっかけでこうなってしまうのだろう。

最初は気のせいかと思った。

フェラの最中、袋を舐めてくれたが、そのときアナルに唇が触れたのである。チュッと音をたてて。

―まさか・・・彼女がアニリングスなんかする訳ないか―

そのときはちょっと口元が滑っただけだろうと思った。

シックスナインのつもりが、彼女が攻めたところは・・・

だがそれは現実のものになった。

それからシックスナインで絡み合ったが、彼女はペニスを手でしごきながらアナルを舐めだしたのである。レロレロと音をたてながら。

「うう・・・そ、そこは」

「気持ちいいでしょう? ここ」

気持ちよかったが、少しショックだった。瞳がきらきらして綺麗な彼女が積極的にアナルに舌を這わせるなんて。

テコキで俺が射精するまでアニリングスは続いた。彼女は口で精液を掃除すると「可愛い」と言って指先でアナルをトントンとたたいた。

―まいったな―

その瞳がきらきらした女性は、実はアニリングス大好きなけっこう淫乱な女であることがわかってきた。そしてアニリングスするのは、自分がされたいからだということがわかった。

「私のも舐めてえ」

それから二人のシックスナインはアニリングスがメインになったのである。

ちなみに彼女はトイレで排便したばかりのアナルでも平気で舐めるから、少しスカトロ趣味も入っているかもしれない。アニリングスのあと、彼女の瞳はいっそうきらきらする。

出会い系にはいろんな女がいる。

今回の利用サイト [YYC]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で300円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2021最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ