立派に成長して感度もよかった20歳の鮮やかな陰核

清らかな女子大生と知り合ったが、実はスケベ女だった

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
20歳 女子大生福岡 福岡市happymail 2020年10月16日

女子大生の処女が増えているという話がある。

ものの統計によると、大学卒業時の女子大生の処女率は軽く50%を越えているという。女子大生はセックスをしなくなった。セックスしまくっていた80年代の女子大生はいまいずこ。

だがこの数字はあくまで全体傾向であって、実際どのように処女が分布しているのかまでは語られていない。それで俺は独自に調査したのだが、女子大生のセックスは完璧に二極化している。つまりやっている女はがんがんやりまくっているが、やっていない女は四年間男と付き合っていないのだ。その結果、処女/非処女が半々に分けられているのだ。

前置きが長かったが、今回ハッピーメールで知り合った女子大生は前者だった。見た目は清らかだが実はスケベ女。セックスの誘いに軽く応じたし、あっけらかんと裸になった。

そして、人妻級の見事な陰核を披露してくれた。

陰核は触れば触るほど大きく成長する。

彼女の陰核は、相当弄られたあとがあった。

陰核も綺麗だったが、舐めたら身体を震わせて気持ちよさがった

「まんこ見せて……おまた開くよ」

「いいけどあんまり見ないでね、形くずれてるから」

「なんで形がくずれてるの」

太股を左右に開きながら問う。

「聞かないでそんなこと。出会い系に二年もいたらこうなっちゃうよ」

さもあらん。

確かに陰唇をめくれあがり、やや色素沈着も起こっていた。陰核は肉からピンと飛び出し、腫れている。まだ触っていないのに勃起しているわけないから、普段からそのくらいの膨らみをもった陰核なのだろう。

「すげえクリトリスしてるね」

「もうやだ」

「オナニーとかするの」

「しない」

男に触られてここまで大きくなったというわけか。この二年間のセックス遍歴を、その陰核が語っていた。

その陰核を舐めると、身体を震わせて気持ちよさがった。

感度も抜群。

女子大生の半分は非処女。

女子大生の半分は、陰核が太くて感度がいい。

今回の利用サイト [ハッピーメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2020最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ