美バストと巨乳は別物だと知った日

美バストの必要条件は巨乳であると信じていた俺

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
26歳 バス会社事務宮城 仙台市yyc 2022年5月5日

美バストという言葉がある。

文字が示す通り、美しいバスト(乳)という意味で、美バストな女は、要するに美しい乳を持つ女のことを言う。

その美バスト女に出会い系で出会った。

顔写真だけで会う会わないを判断したので、胸のことまで知る由もなかったが、会ってみると服の上からでも綺麗な乳の持ち主であることがわかる。

(おお、巨乳だ)

膨らんだ乳がジャケットを持ち上げ、先端から流れる乳の稜線が服の上からでも確かめられる。歩くとかすかに揺れる。これぞ美バスト。

俺はそのとき美バスト = 巨乳だと考えた。少なくとも美バストの必要条件は巨乳であると。何が言いたいか。非巨乳は美バストになれない、ということだ。

女は瑞々しい顔をした美女だったが、出会い系の女は皆一様にスケベなので、口説いたら折れてきた。

「即エッチしてもいいけど優しくしてね」

みたいなことを口にし、そのままラブホに直行。

カップ的にはせいぜいCかDだった彼女のバスト

もとより俺の関心は美バストにある。早く脱がせて美しい巨乳を拝みたい。揉みたい、しゃぶりたい、乳首吸いたい。

想像するだけで勃起し、彼女が一枚一枚服を脱ぐたび、亀頭がぐんぐんと上を向く。

「早く脱げよ……もうこんなになってんだ」

とちんぽを見せる。

「やめてよ……品がないわね」

やがて乳が現れた。

だがそれは巨乳ではなかった。

せいぜいCカップ。ひいき目に見てもDカップで、一般的ないわゆる「巨乳」とは程遠い。

俺はベッドの片隅に脱ぎ捨てられたブラジャーを見た。高級そうなブラで、ぴちっと形が整っている。

(あのブラのせいか……)

美バストとは決して巨乳のことを言うのではない。見た目の美しさのことであり、それはブラの美しさでもある。

(まあいいか……とりえず綺麗なおっぱいであることはたしかだ)

俺は普通乳をしゃぶりながらセックスを始めた。

ちなみにマンコは綺麗ではなく、かなり使い込まれていてグロかった。

今回の利用サイト [YYC]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で300円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2022最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

  • no articles

このページの先頭へ