腋毛フェチの俺が出会い系の女子大生に要求したこと

ホ別で4万出すから何日も腋毛を剃らずに来て欲しい

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
21歳 女子大生東京 青梅市東京 2016年12月8日

「ホ別3か・・・・やっとこの機会が来たな」

俺はパソコンの画面を見ながら、思わずそうつぶやいた。

その女性は出会い系で知り合った女子大生。俺は彼女の真意を確かめるべく「条件とかあるの?」と聞いてみたら「ゴム有りホ別3」という短いメッセが飛んできたので割り切り希望と知る。

待ちにまった割り切りだった。俺はこの日をずっと待っていた。

なぜ割り切りにこだわるのか。それは金で結ばれた体の関係になれるからだ。金を積めば積むほど女はこちらの要求を飲んでくれる。知り合いの男は10万出すという条件で朝から晩まで体を好きにさせてもらったらしい。金が目当ての女は、金のためなら何でもする。

ところで俺にも要求があった。知人に比べたら可愛いものだが、俺にとっては悲願だった。

「ホ別で4万出すから何日も腋毛を剃らずに来て欲しい」

すぐに返事はなかったが、腋毛が延びるまでの待機料ということでプラス5千円を要求された。つまり4.5万円だ。

交渉がまとまった。

腋毛は陰毛よりエロいと思うのは俺だけだろうか

その人の栄養摂取状況や体質にもよると思うが、腋毛は1日に0.3ミリほど伸びるらしく体毛のなかでは成長が早い。彼女はとくに顕著で10日間で1センチほどになったとメールが来た。

―その程度伸びていれば十分だ―

俺は彼女と会う約束をして、銀行に行って金を下ろした。

ゴム有ホ別4.5万で女子大生の生の腋毛に会える!

俺は会う前から勃起していた。

女の腋毛の何が好きか。

女は腋毛を剃らずにはいられない。腋毛は女にとって、ある意味排泄物と同じくらい不潔なものである。陰毛は女性の下半身に色気を添えるが腋毛は醜いだけ。その腋毛を弄ぶのである。これ以上の快感があるだろうか。俺にとって腋毛は陰毛よりもエロい。

俺は長い時間をかけて腋毛を舐め続けた。生えてはいけないところに生えている毛。女にとって羞恥でしかない毛を舐め続けた。そして腋毛に精液を放出するという異常行為をやってのけた。

さすがと彼女は困惑していたが、大金を払っているので文句は言えない。少ししかめっ面をしながら腋をティッシュで拭く彼女。

「あのさあ、エッチはしいないの?」

とふてくされた口調でこぼす。

「今のは俺流の前戯だ。これから楽しませてもらう」

引き続き腋毛を楽しみながらの正常位セックス。

4.5万円以上の快感を得たと思う。

女の腋毛が好きな人、こういう割り切りの楽しみ方があるぜ。

参考までに。

今回の利用サイト [ワクワクメール]


(上記のバナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!

管理人のサイトレビュー  管理人の出会い体験談




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2021最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

  • no articles

このページの先頭へ