苦しまずにディープスロートをやってのける女

ディープスロートとイラマチオとの違いって?

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
26歳 化粧品販売員滋賀 大津市wakuwakumail 2017年8月28日

コスメが派手な女にはネットリフェラが似合う。彼女にフェラされたときそう思った。

彼女は出会い系で見つけたエロい女。某百貨店の化粧品売場でアドバイザー兼販売員をしているらしく、コスメが派手で、いい匂いがする。その赤い唇でフェラされると、通常の倍くらい気持ちがいい。

そのフェラは過激だった。

俺のペニスを喉元にまでつっこみ。喉の部分で亀頭を虐めるのだ。それは強い快感を生んだ。実践できる女性はごく少数と聞いているいわゆるディープスロートだ。

ディープスロートというとイラマチオを連想するが、両者は根本的に異なるプレイ。イラマチオが女性の口をオナホールのように見立て、男性主導でピストンするというきわめてSMチックなプレイであるのに対し、ディープスロートはあくまで女性主導。女性の「意思」でペニスを喉元まで挿入する。苦痛をある程度コントロールできる分、ディープスロートのほうが女性には受け入れやすい。

しかしディープスロートであっても苦痛を伴うのは事実。

平然とした表情でプレイを続ける彼女が不思議だった。

マッタリした粘液に包まれた至福の時

ぶちゅう・・・じょぼん・・じゅぽっ! といやらしい音を立ててディープスロートが続く。

「おおお・・・もう、だ、だめかも」

生亀頭が女の狭い喉で圧される快感に我慢の限界を感じる。ディープスロートをすると、唾液とは違う粘液が喉の奥から分泌される。それは異物の侵入に対する咽喉独自の防衛策で、その粘液は唾液よりもマッタリしており、ある種ローションのような感覚もあり、快感を倍増させる。

俺は彼女の頭をつかんで耐えたが射精はもはや時間の問題だった。

「出、出るううう」

彼女はそのまま精液を飲んでしまった。

俺は前代未聞の過激フェラの顛末に呆然とし、しばらく言葉を失ってぼーっとしていた。

「上手でしょう?」

「上手のレベルを遙かに越えている・・・でも苦しくないの?」

「慣れたわ」

化粧品の販売をする前にどんな職業についていたのか気になるところだが、今はいい。それはまたいずれ機会がきたら聞いてみよう。

とりあえずディープスロートが堪能な女のまんこの味はどんなものか確かめたくなって、復活したペニスを勃起させつつ、派手な女の身体に乗った。

今回の利用サイト [ワクワクメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2021最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ