露出予告してきたワクメの女のパンチラ食い込みが凄かった

少しでも風が吹いたら丸見えの過激ミニスカ女子

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
20代前半 不明栃木 宇都宮市ワクワクメール 2022年11月24日

君は女のアソコの食い込みを至近距離で見たことがあるだろうか。サイトで「食い込み」と検索したら、必ずといっていいほどパンティ食い込みの写真が出てきて、けっこうなオカズになったりするが、間近で見たことのある人はそう多くはないのではないか。女はそんなもの見せてくれないし、見せてくれても食い込んで入るとは限らない。「食い込ませてくれ」と頼めば別だが、応じてくれる女は滅多にいないだろう。

ところが出会い系の女は違う。

彼女は俺と会う前に露出予告をしてきた。露出予告とは、女の部位の一部を露出して会いにくることを意味する。多くは胸。太股、そして下着だ。彼女の場合は下着だった。過激なミニスカートで、少しでも風が吹いたら煽られてセクシーなパンティが露出する。

俺は彼女との初デートで、生の念願の食い込みを目の当たりにした。

しゃがんだらバッチリ見えた食い込みパンティ

「露出予告って、要するにその、パンティかな」

「そう思う?」

といって腰を振り、尻の形の良さを主張する。彼女がミニスカのパンチラで見せたいのはどうやらヒップらしい。たしかに美尻であるが、俺の興味はフロント……要は食い込みだ。

(でも食い込んでるとも限らないしな)

だが彼女のスケベパンティはパツパツに肌に張り付いていて、肌の一部のようになっており、食い込んでいる可能性はかなり高い。

「すてきなお尻だね……でも、前はどうかな」

「やだあ、そんな言い方」

「ミニスカ穿いてきて挑発してるのはそっちだろう」

「じゃあしゃがんじゃおう」

しゃがむと両太股に圧迫された恥丘がむにゅんと膨れる、俺はそこを凝視した。縦の線がくっきりと浮かび、パンティの生地を見事に食い込んでいた。

(ああ……生の食い込みだ)

俺が勃起したのは言うまでもないし、それからホテルでエッチなことをしたのも言うまでもない。

出会い系の女は過激だ。

生の食い込みなんて、出会い系でしかお目にかかれない。

俺はワクメで食い込みに出会った。

今回の利用サイト [ワクワクメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2023最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

  • no articles

このページの先頭へ