飛び出た精液が美しく見えたセックス

生入れ外出しで彼女のお腹に精液発射

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
27歳 ヤクルトの販売島根 松江市wakuwakumail 2020年10月8日

同じ高級ウイスキーでも、自宅で飲むのとお洒落なバーで飲むのとでは、その存在感が違う。野球のボールも、自宅で握るのと甲子園で握るのとでは、指が受ける感触に差が出る。そのシンボルのあるべき場所というものが必ずあり、そこにいてこそ生き生きと輝く。ああ、栄冠は君に輝く。

今回、そんな体験をさせてもらった。俺の場合は「ウイスキー」でも「野球のボール」でもなく「精液」だったが。

ワクメで知り合った女とは会うたびにセックスしていた。男と女が寄り添えば必ずこうなるのだが、俺たちは比較的早くそんな関係になったと思う。出会い系に来る女は総じてスケベが多い。

そんなある日のこと、いつもセックスするときは紳士的にコンドームを使うが、その日はやけに興奮状態にあり、装着する余裕がなく生入れしてしまった。

だが中で出すわけにはいかないので、寸前で彼女のお腹に精液発射した。

オナニーのときより生き生きしていた精液

そのときに見た精液は、オナニー時に見る精液よりも実に生き生きとしていて、色も美しく、とろみが生々しかった。

女の皮膚の上にあるせいなのか、精液は精液としての存在意義を示している。次のように書けばより俺の思いが通じるだろうか。

「俺はその時卵子を連想した」

思えばオナニーのときに見る精液は、単なる排泄物に過ぎない。糞尿のように、排泄欲を満たした後の、あとは水で流すだけの残骸に過ぎない。

だがそのとき女の腹の上で蠢いていた精液は、それ自体が生きた存在だった。

彼らは最後の力を振り絞って、なんとか卵子を探し出そうとしているかのようだった。

「よく中で出さずにすんだわね」

と彼女。

そう言われると、その感慨がより深くなる。

(この液体は女の体内に入ってなんぼの液体なんだ)

セックスをしているときに見る精液が、俺は好きだ。

今回の利用サイト [ワクワクメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2021最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

  • no articles

このページの先頭へ