19歳処女マンコにぶち込んだ俺の20センチ巨根

大きすぎると怯えたが、短く切るわけにもいかず本番へ

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
19歳 女子大生東京 小金井市happymail 2021年10月13日

何を隠そう、俺は巨根男である。勃起したら20センチ程度にまで伸びる。中学生の頃は17センチだったが、その後成長するに従い、ぐんぐん伸びて20センチの大台に達した。日本人の平均チン長が13.5センチらしいので、6.5センチは上回っている。たかが6.5センチくらい、と思うかもしれないが、この6.5センチが大きい。風俗嬢でも持て余すほどの長さだ。

その巨根を、このたび出会い系サイトハッピーメールで知り合った19歳の女子大生の処女マンコにぶち込んだ。俺はかなりスケベなほうだが、彼女が処女だと知ったとき、この女とセックスはしないほうがいいのではないかと二の足を踏んだ。今まで処女としたことがなく、指一本入れるのでも痛がる女に20センチ巨根挿入はあり得ないと思った。2/3くらいに切断したいところだがそれはできない。

それに、すでにホテルに来ており、前に進むしかなかった。

ロストバージンしたかった様子だが、俺が巨根だとは夢にも思っていなかったに違いない。

一週間くらいは痛みが残ったようだが、今では美味しそうに……

ベッドインしたとき「初めてだからちょっぴり心配」とこぼした。

「処女だったのか」

「言わなかった?」

「聞いてないと思う」

「言ったと思うけど」

彼女はバスタオルで上半身をかくして縮こまった。

ふと半勃起した自分の下半身を見る。半勃起でも17センチは軽く越えている。興奮したらブラス3センチになり、20センチ高射砲の完成である。

(これを処女マンコに入れるのか? やばくね)

だが突き進むしかない。

俺の巨根をみた彼女は顔面蒼白になった。

「ちょっと……それ、やめて」

「やめてって言われてもな。これしか持ってないし」

そのまま彼女は俺の巨根で破瓜を迎えた。

事後の痛みが消えるまではセックスはお預けしようということになり、無痛になるのを待った。一週間くらいは痛みが残ったようだが、それからセックスを始めたら、少しずつ気持ちよくなってきたようで、今では美味しそうにしゃぶるまでになっている。

彼女にとって初めてのペニスが巨根。

彼女は巨根しか愛せない女になるかもしれない。

今回の利用サイト [ハッピーメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2021最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

  • no articles

このページの先頭へ