神奈川の出会い系エッチ体験談

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
36歳 専業主婦神奈川 鎌倉市神奈川2021.01.26
セックスしたら急に元気になった専業主婦の佐奈恵さん セックスに誘いにくくて、会ってもお茶だけの日々

出会い系の人妻にもいろんなタイプがいる。 会ったその日にセックスに応じる人妻もいれば、そのつもりで出会い系に来たにも関わらず深い仲になることに二の足を踏む人妻もいる。多くは罪悪感がそうさせるのだろうが、今回は後者の人妻に... ≫続きを読む


出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
26歳 OL(総合職)神奈川 川崎市神奈川2020.09.15
セフレの浮気サインは態度が急激に冷たくなること 一か月間やりまくった女が急に冷たくなった

付き合っている相手が体目的のセフレであったとしても、その女が浮気したら嫌な気分になるものだ。 最近、YYCで知り合ってしばらくやりまくっていたセフレと別れたが、そのときの話をしたい。 結論から書くが、彼女の浮気相手は「元... ≫続きを読む


出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
29歳 アルバイト(ファミレス)神奈川 横浜市神奈川2019.08.14
明らかに俺を誘惑していたTバックのハミパン しゃがんだらジーンズが下がってピンクのTバックが飛び出た

女の誘惑にもいろいろあって、思い出すと「なるほどそういうことだったのか」と感心することがある。今までいろんな出会い系サイトに登録して女と遊んできたが、それぞれの女固有の誘惑技術があって、楽しい。 思わせぶりに色目を使ったり「寂しい」とか「今晩は帰りたくない」とか言ったり、甘い目でじっと見つめてきたり、不意に腕を組んできたりと、様々。誘惑にも、女の個性があふれている。 先日YYCで知り合った女の誘惑方法は、実にわかりやすかった。 写真は茶髪でアラサーのくせに遊んでいる風な女で、うまくやれば即セックスに持ち込めると踏んで誘ったのだが、互いにそのこと(セックス)には触れずにいた。会っても日常的な会話を交わすだけで、スロースタートだった。 そんなとき、彼女が(たぶん故意に)携帯を落として、しゃがんで拾ったのだ。 そのときジーンズが下がって、Tバックのハミパンが姿を現したのである。薄いピンクのTバックで、尻の谷間にニュッと食い込んでいた。 (やばい……これやばい……セックスしたい) 火種はあったが煙すら出てこなかった俺の性欲は一気に業火と燃え、彼女に対して猛烈なアプローチをするに至った。


出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
37歳 主婦神奈川 横浜市神奈川2019.04.28
臆病な人妻が他人棒を咥えるまでの七日間 なかなか浮気に踏み出せない臆病な人妻

出会い系に登録して男を探している人妻は、ほぼ間違いなくセックス目的だというのは、もはや常識だ。世の中にあふれる出会い系体験談を読んでみても、出会い系の人妻とコンタクトを取った男は遅かれ早かれたいていセックスしているし、そのプレイ内容もまた過激だ。 だからYYCでその主婦と出会ったときも、ほぼ間違いなく近いうちに男女の関係になれるだろうと思っていた。人妻は人気株なので出会えるかどうか難しい中、比較的楽に連絡が取れたのでラッキーだと思っていた。 ところが彼女はなかなか俺に会おうとしない。あこがれの他人棒がすぐそこにあるというのに、手を出そうとしないのだ。出会い系が初めてのようで慎重になっているようだが、それにしてもガードが堅かった。 「やろうとしていることは不倫だもんね……やっぱいろいろ考えちゃう」 「でも不倫しに来たんじゃないの?」 「最初はそうだったけど、何となく怖くなって」 不倫に踏み出せない臆病な人妻がそこにいた。


出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
20代前半 不明神奈川 鎌倉市神奈川2018.08.05
「今から遊ぼ」の「遊ぼ」の意味…鎌倉のサヨリの場合 「今から遊ぼ」に「遊ぼ」と答えたら会うことになった

出会い系の掲示板でよく「今から遊ぼ」を見かける。 前から気になっていたが「今から遊ぼ」は何して遊ぶのだろう。ここまで漠然とした日本語表現も珍しい。英語で言うと「Let's play from now」こっちのほうがわかりやすい気もするが、ここは日本。出会い系にいる女たちも、それを求めて集う男たちも、ほとんどが日本人だ。 「今から遊ぼ」 その手の女はYYCにもいた。鎌倉の女で、プリクラ風の写真を見る限り20代前半。学生なのか社会人なのか、文面からは読みとれない。体つきも性格もわからない。ただはっきりしているのは彼女が今から「遊びたい」と望んでいる点だけだ。別に避けて通りたい女でもないので、会ってみることにした。彼女への回答はこの一言につきる。 「遊ぼ」 これ以外、どんな言葉をかけられようか。「今から遊ぼ」に対する単刀直入にして明快な言葉はただひとつ「遊ぼ」だ。 すると彼女は待ち合わせ場所を指定してきた。 彼女は自分のことを「サヨリ」と書いていた。


出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
20代前半 不明神奈川 横浜市神奈川2018.05.22
どれだけいい女でもオナラ女子はセフレにはできない ラブホお泊りセックス3回戦で疲れ果てて…

横浜でオナラ女子に出会った。 腸の中でガスが充満し、それが体外に排出されるのが「オナラ」で、誰にでも起こる生理現象に違いないが、それをいい女にやられると引いてしまう。美人は「うんこ」しないし「オナラ」もしない。俺はそうかたくなに信じている方だった。非科学的だが、俺の心情を理解してくれる人はけっこう多いはずだ。 サイトにいたときから彼女は光っていた。セフレを探して出会い系にきたのだが、彼女を見ているとセックスしたくなった。顔しか写っていないのだが、体の具合が手に取るようにわかる。これも出会い系の経験のおかげか。彼女でちょうど5人目。今まで会った中では筆頭に上げてもいいくらいの美人だ。 俺は経験豊富なので、誘い方も心得ている。のらりくらりと交わす彼女に食らいつき、優しく、そして焦らしながら女心を引きつけ、優位に立つ。彼女はデートに応じ、即会いを約束した。本音も引き出し「エッチ大好き」と言わせた。即エッチはほぼ可能だろう。 「ラブホでお泊まりしようよ…」 「初対面なのに?」 「初対面だからスリル満点」 彼女はそのリクエストに応じてくれて、お泊まりすることになった。いい女なので燃えた。シャワーなしでセックスをはじめ、途中で食事したりビール飲んだりしながら夜中までに3回セックスした。かなり気持ちよかった。持ってきたマイコンドーム三個を一気に消費した。 気持ちよかったが、ふたりとも少々お疲れ。


出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
24歳 大学院生神奈川 相模原市神奈川2017.09.25
初めてスペルマを目の当たりにした女子大学院生 動画や画像では見たことあるけど

大学院で井原西鶴を研究しているという女子大生と出会い系サイトで知り合った。日本的な美人で、江戸時代なら人気者になれそうな顔立ちをしていた。現代ではやや物足りない(もう少し派手な方がいい)気がするが。 知り合ってから仲が悪い方ではなかった。基本的に優しく、品もある。だが理屈っぽいのがたまに傷で、いつも感覚的に行動する僕にはその性質が心の距離になった。 セックスをしたのは知り合って3週間目のこと。ドライブ中にムラムラして車の中で身体を求めようとしたが、こんなところではできないと言われ、ラブホテルに流れ込んだのが初セックスだった。 セックスはコンドームを使うが、射精後にペニスから剥がすとき、彼女は必ず目を背けた。一度だけ生挿入し、射精直前に抜いて自分の手のひらでスペルマを受けたこともあったが、そのときもガチ無視。彼女は僕のスペルマを決して見ようとしなかった。 「君は男のスペルマを見たことないのか」 「画像や動画は見たことあるけどね・・・少し怖くて」 理屈っぽい大学院生はスペルマが怖いのらしい。


出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
20代後半 書店店員神奈川 藤沢市神奈川2017.08.09
セックスには前戯だけでなく後戯があることを忘れるな 「ずっとそばにいてほしいの」甘えんぼの書店店員

甘えんぼの女だった。 会ったときからべたべたし、ちんちんかもかも女っぽく接してきた。出会い系でやっと見つけた彼氏だから大事にしたいという。俺は彼女に告白したつもりもないし彼女になってくれとお願いした訳でもないが、彼女は俺のことを彼氏と決めつけていた。でも悪い女でもないし可愛げなところもあるので気分は悪くない。 「ずっとそばにいてね」 「じゃあとりあえずエッチさせてくれ」 「男の人はけっきょくそうなのね」 「男の本能だからしかたない」 彼女と初セックスしたのは出会ってから3回目のデートのときだった。 俺は射精を終えると彼女から離れようとした。 男は射精してセックスを終えると急激に性的興奮が消え、すっきりした頭になる。さっきまでの自分が自分でないようで、相手の女に対する関心すら消えてしまうこともある。 これを「賢者タイム」という。 彼女との初セックスを終えたあと、俺は賢者タイムのさなかにあった。 だが彼女は俺を離さない。 「ねえ~キスして」 「少し休ませて。一回目は終わり」 「男の人はみんなそうなのね」 「男の本能だ」 セックス中、男は無防備の状態にあるから、射精したら甘い余韻などに浸らず、すぐに次の行動に出られるようにし身を守ろうとする雄の動物的本能なのだ。


このページの先頭へ